vintageviewspress.com

面接時の緊張をやわらげる方法

面接で必要な一言で言い切る準備 就職活動の面接は緊張しますが、緊張する理由は、初対面の人と話をするからと、自分の人生にとって重要で失敗したくないという理由からで、緊張しないためのコツは諦めが必要です。諦めるという事はなかなか難しく、緊張しないなんてムリと思う人が多いです。緊張してしまう人にとって面接の一番の目的を再度確認してみる事が大切です。面接の一番の目的は面接に受かるという事で緊張しない事よりも面接に受かる事が一番です。

緊張していたら自分を出す事ができずに不合格になってしまうと思っている人も多いですが、面接官は場数を踏んでいるので面接を受ける人は緊張しているという事は当たり前と思っていて、緊張するくらい面接に真剣だと好感を持つ事が多いです。緊張する人はまじめな人が多いとされていて、リラックスしている人よりも必要とされている場合があります。企業にとって、肝が据わっている人も必要ですが、そんな人は会社全体で割合は少なくてよいと思われている事が多いです。

緊張していて不安という場合には、緊張をしている事を言葉にしてみるとい方法もあります。面接している時に緊張している事を言う事は良く取られる場合と悪く取られる事もあり、賭けという事になってしまいますが、面接会場の近くにいる人や控室に案内してくれる会社の人など誰かにいってみると気持ちが楽になる事があります。誰かにいう事ができない場合には、トイレなど一人になれる場所で独り言を言ってみるのいってみるのがおすすめです。ポイントは心の中でいうのではなく、自分の耳に聞こえる様に声を出していう事です。また緊張しているという事を言葉に出したあとには大丈夫という事も言葉に出すと緊張している自分を肯定して出せる力に集中する事ができる様になります。

お役立ち情報